キャバクラで働く場合は、ノルマなどが気になることもあるはずです。基本的にノルマを設定している店もあれば、設定していない店もあるので一概には言えませんが、いわば目標みたいな感じで設定している店が多くなっています。強制的にそのノルマを達成させようとする店はほとんどなくなっていて、近年は最低限獲得しなければならない利益を考えて、目標を設定するようになっています。もちろん、近年のキャバクラでは、ノルマなどがないところも多くなっていて、女性が気軽に働けるところも多くなっているのが特徴です。実際、ノルマがあることによって、逆にモチベーションが下がっているキャストもいるので、経営の方法が若干変わってきたのです。

例えば、高すぎるノルマを設定された時、働く方はどう思うでしょうか。「そんなの無理に決まっている」と最初から諦めてしまうことも多くなるはずです。キャバクラの場合は、利用客がどれくらい来るかというのは未知数ですし、指名客をある程度獲得していても、その人達が実際に利用してくれるかどうかというのは不安定事項となっています。つまり、高いノルマを設けることは、逆にキャストのやる気を削ぎ、モチベーション自体を削ってしまうことにもなるワケです。そう考える店が多くなったことによって、近年はある程度ノルマも設定していないところが多いのです。

ただ、店としてはある程度の利益を出さなくてはならないため、1日に必要となってくる費用と収益を計算しなくてはなりません。その他、女性キャストの給料なども支払うことが必要となってくるので、夜の店の経営というのはとても難しい面もあるのです。いわばノルマというのは、その店が生き残っていくための生命線とも言えるものなのです。当然、その条件をクリアしなければ店が無くなってしまう可能性もあるため、働く女性も一生懸命仕事をこなすことが必要となるのです。

せっかく稼ぎに来ているのに、店自体がなくなってしまったら本末転倒です。そうなってしまうことのないように、しっかりと仕事の質を高めて、最適な利益を出していくことが必要なワケです。実際ナイトワークでは、ノルマを設定しない店が多くなっているものの、その点を考えて一生懸命働くということは忘れてはいけないことだと言えます。もちろん、稼げば稼ぐほど、自分の給料にも影響してくるので、ノルマなどは関係なく働くというのが稼ぐためのコツになるとも言えるでしょう。